Written By: admin

太陽光発電を設置するのを後押ししてくれるのが補助金制度です。
国などからの補助金を有効利用することで、設置の費用を削減できるわけですから、設置を決める重要ポイントでもあります。
しかし、普通に生活している人間にとって、その情報は全く耳に入ってきません。
ですから、興味を持ち、調べた人にしか情報は伝わらないということです。
自分の家に太陽光発電を実際に設置する時、どのくらいの金がもらえるのか?
その疑問に対して、大体の見当はつけられても具体的な設置容量が決まらないと金額がわからないのです。
基本的には太陽電池モジュールのシステム単価が1KWあたり50万円以下の場合1万5千円、41万円以下の場合は2万円となっています。
もちろん、制度は国・都道府県・市町村という3段階で受けられる仕組みになっていますが、国以外の地方自治体でそれぞれ内容が違うので、自分の住んでいる地域で前もって調べておく必要があります。
とはいうものの、申請作業は面倒なので、実際は販売施工してくれる業者が申請代行を行ってくれるので、業者に見積もり依頼をした時に詳しいことをじっくり聞いておくことも大事です。
しかし、太陽光発電を設置するには、それなりの費用もかかるわけですから、自分が住んでいる地域の制度を下調べして、金額を知っておくべきです。
そのためにインターネットで設置に関する補助金制度を調べることができる専門サイトがありますので、前もって確認しましょう。
ちゃんと申し込みができれば、設置後にお金が振り込まれるわけです。

a-54-5
コメントa-54-5

Copyright © 2009 高まる太陽光発電への注目!, All rights reserved.| Powered by WordPress| Simple Indy theme by India Fascinates